イメージ画像

紫外線対策とアンチエイジング

肌のうち、露出が少ない場所というのは、顔に比べると肌質が良い場合が多いです。 その大きな理由とも言えるのが、紫外線に関すること。 紫外線といえば、肌にとって悪影響をもたらすものとして知られていますよね。 紫外線の影響で肌が疲れて歳を取ってしまうことを、光老化といいます。

シワが増えたり、シミができてしまう大きな理由は光老化によるものなので、普段から紫外線対策に力を入れておきましょう。紫外線は肌を焼いてしまうことがあるため、肌に直接ダメージを与えているという認識を持っている人が多いはずです。

しかし、紫外線が肌に与える悪影響は他にもあります。それは、活性酸素を発生させるということです。 これにより皮膚細胞のDNAが傷ついてしまい、どんどん肌が劣化することに繋がってしまいます。

紫外線対策は一年を通して行うのが理想なのですが、具体的にどういった対策を取ればいいのか分からないという人もいるかもしれません。まず、日焼け止めクリームを使った方法はとても手軽で効果も高いので、是非とも実践したい方法でもあります。

しかし、日焼け止めクリームは汗で簡単に流れてしまうものなので、外出先にも持っていき、定期的に塗り直すようにしましょう。

それから、特に紫外線量が多い日は日焼け止めクリームだけでは不安なので、日傘やカーディガンといったアイテムも取り入れていくといいですね。紫外線の悪影響を受けるのは、肌だけではありません。目も同じなので、UVカット作用のあるサングラスをつけて歩いたほうがいいでしょう。

ただ、もしかしたら外出してから日焼け止めクリームを塗り忘れたことに気付いた、思いのほか紫外線量が多かったということで、対策が不十分になってしまう人もいるかもしれません。

今日はたくさん紫外線を浴びてしまったと実感しているのであれば、帰宅後にしっかりアフターケアをしてあげることが大切です。炎症を抑えるローションパックなどもあるので、用意しておきましょう。

このページの先頭へ